前へ
次へ

離婚問題でお困りなら

誰もが離婚しようと思って結婚したわけではありません。
何らかの理由によって離婚せざるを得なくなった場合に、離婚問題が浮上してしまうケースも少なくはありません。
特に、婚姻関係が長い場合や、お子さまが小さいという場合、財産分与が必要なときなどには問題が多くなります。
特に、子供さんが小さい場合は離婚後、どちらが親権を得るのか、養育費はどのくらい必要なのか等の話し合いは大切となります。
また、子供がいなくても離婚の原因が相手側にある場合などは、慰謝料の請求が浮上してします。
円満離婚は誰もが望まれますが、実際には住んでいた家はどうするのかなどの離婚問題が出てきます。
そこで大切なのは必要な機関に相談をするということです。
最近では、離婚時には弁護士を頼るという人が増えています。
離婚後に揉めたりしないように、互いに納得できる形での離婚に導いてくれますので、揉めてしまって子供に会うこともなくなったと後悔するよりも専門家に相談することが大切です。

Page Top